Skip to content

肝斑以外のシミにはレーザー治療が効果的

顔にシミや肝斑が出来ると、肌の色がくすんだ状態になるので、美白化粧品を使っても治らない場合は治療を受けるしかありません。肝斑以外のシミにはレーザー治療が効果的ですが、一般の方には区別がつきにくいでしょう。素人が判断するのは危険ですが、お医者さんならすぐにわかるので、まずはお近くの美容クリニックへ行って診察を受けるようにしましょう。クリニックで肝斑だと診断された場合は、レーザー治療ではなく、トラネキサム酸を処方されます。

もともとは止血剤として認可を受けた薬でしたが、最近では美白に効果があることがわかり、美白化粧品に配合されることが多くなりました。トラネキサム酸はメラノサイトの活性化の原因となる、情報伝達物質のプラスミンをブロックする働きを持っているため、肝斑には非常に効果があります。それだけでは効果が薄い場合は、ビタミンCやハイドロキノンなどの薬も併用されることがあるので、そこはお医者さんの判断に任せるようにしてください。肝斑ではなくシミの場合はレーザー照射が効果があるので、Qスイッチルビーレーザーや炭酸ガスレーザー、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどを用いて治療を行います。

レーザーの種類はクリニックによって違いますし、その人のシミの状態によっても使い分けることになります。ゆえによほど熟練の医師でなければ、どのレーザーをどれぐらい照射すべきか判断できないので、これから治療を受けようと思っている方は、クリニックの評判を調べることから始めましょう。新宿でしみ治療のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です