Skip to content

シミの治療は医療サーザーで対策を

シミは、レーザー治療で改善していくこともできます。医療機関でのレーザー治療に向いているのは、比較的厚みがあるタイプも向いていると言えます。また、表皮にうっすらとあるというよりも、表面上だけではない奥の部分、真皮層レベルまで達してしまっているシミに対しても、レーザーは有効です。患部にレーザー照射をすることで、光はメラニン色素に吸収されていきます。

それからシミのゾーンと、角質層と表皮をスムーズに剥がしていくことになります。肌はとてもデリケートな状態になります。そのゾーンに、健康な新しい、綺麗な皮膚が、順調に再生されていうことになります。医療レーザーの優秀なところは、正常に活動している皮膚の組織には、ダメージを与えることがないというところです。

必要ない健康な部分には外はなく、シミだけをキレイに撮ることができる治療になります。医療機関での、こういったレーザー治療が受けられるのは、老人性色素斑ですとか、ソバカス、脂漏性角化症などになります。医療レーザーの照射の施術を受けたら、アフターケアも重要になってきます。照射後の肌は、敏感になっています。

いつも以上に外部の変化には反応しやすく、紫外線も受けやすい状態です。この時に紫外線を浴びてしまうと、また肌にはシミができてしまうことになります。そのため、レーザー治療をしたら、紫外線対策は万全に行うということも、大切になってくるのです。日焼け止めクリームを塗る、帽子をかぶるなど、普段からできることを、生活に取り入れましょう。

新宿でしみ治療のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です