Skip to content

シミ治療を成功させるには

シミはアンチエイジングにおける大敵と言えるものですが、最近ではその対策をするための美容液があったり、スキンケアで薄くする事もできます。しかし一度濃くなってしまったシミについては除去するしかありません。美容皮膚科などではレーザーを使用して色素を浮かせ除去するという方法がとられます。きちんと麻酔をして行いますから痛みを感じる事もありませんし副作用の心配もなく安心です。

しかしこのシミ治療を行った後にまた同じ部分が黒ずんでくるというケースがあります。これは完全に除去しきれていなかったとか、治療に問題があったという事ではなく、ケアの問題である事もあります。レーザー治療をした場合、一週間ほどでその部分がかさぶたになり、かさぶたが取れたら完了という流れになりますが、かさぶたを無理に剥がしたりするとケガをしたような状態になりますから結果的に跡が残る可能性もあります。かさぶたは自然乾燥状態にして自然に取れていくのを待つというのが重要です。

さらにとれた後ですが、赤みが残っている場合もあります。この部分は乾燥させるのではなく保湿をしっかりして紫外線にさらされないように努める必要があるでしょう。普段化粧水と乳液だけでスキンケアをしている人もこの時ばかりは美容液やクリームなど保湿効果の高いものを使用して肌を大切にしておく事を忘れてはなりません。治療は医師に任せて問題ありませんが、その後のケアは自分で責任を持ちましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です