Skip to content

シミ治療は多種類あります

紫外線をあびるとメラノサイトが働き始め黒い色素を作り出し、紫外線から肌を守ろうとします。日に当たると肌が黒くなるのはこの働きからです。肌は新陳代謝により28日周期で入れ替わり、肌の色も元に戻ります。シミは新陳代謝の異常によって起こります。

ストレス、ホルモンバランスの異常、生理不順によって新陳代謝のメカニズムが狂いメラニンが残ったままになったり、メラニンを生成し続けたりすることになります。しばらく色素が残ると沈着してしまいシミになります。市販の。化粧品などではメラニンの生成をブロックする商品、できてしまったシミを消す商品など美白成分や効果が差別化され販売されています。

市販の化粧品で改善されない場合は皮膚科や、美容外科での治療になります。紫外線やニキビ跡のような炎症によって皮膚の浅い部分にできれば塗り薬やフォトフェイシャルで治療が可能です。加齢によって老人性色素斑になるとシミの上に肝斑が重なったりすると治療も難しくなってきます。治療は一度で終わるものではありません。

レーザーやフォトフェイシャルになると効果はありますが健康保険が使えないので金額も高くなります。保険がきくとなるとビタミンCやトラネキサム酸の内服になります。自分にあった病院選びも重要です。どこの病院でもカウンセリングをしていますので、最初は相談に行き、金額や自分がどうなりたいかなどじっくりと話したり医師の話を聞いたりできます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です