Skip to content

自分でシミの治療をする方法

シミができると、見た目の年齢がとても上がってしまいます。原因はいろいろあるのですが、ほとんどは紫外線の影響でメラニン色素が肌に沈着したものが多いでしょう。化粧品の色素が沈着したり、女性の場合肝斑というホルモンの影響で出てくるシミもあります。一度できてしまったものはなかなか治療するのが難しいのですが、薄くしたり消すことはできます。

一般的に有効とされているのは、メラニン色素に反応して分解する作用を持つレーザー治療を受けることですが、これには結構費用がかかりますし、通院も症状によっては長期にわたります。できれば自分でシミの治療ができればそれに越したことはないですね。自分でするのなら、ハイドロキノンとトレチノイン療法になります。ハイドロキノンは肌の美白剤などと呼ばれ、メラニン色素を作る酵素の働きを阻害し、シミを防ぎながら薄くするという効果があります。

トレチノインはビタミンA誘導体のことで、肌のターンオーバーを促進する効果があります。色素沈着は肌の深層部分に起こっているので、まずトレチノインで肌のターンオーバーを早め、色素沈着部分を表面に押し出します。そして、ハイドロキノンでその部分を漂白して白くしていくというわけです。副作用として、肌が乾燥したり皮がむけたりということが起こったり、過剰に反応して白斑が出たりする方もいるようです。

ですから、使用していて全く効果がなかったり上記のような副作用が起こったら、すぐに使用を中止するようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です