Skip to content

シミのレーザー治療について

一言にシミと言っても種類がたくさんあり、安易に市販の塗り薬や飲み薬を服用することはあまり良いこととはいえません。今使っている薬が自分のタイプと合っていない可能性があり、全くの無意味の場合もあります。シミには老人性色素斑、脂漏性角化症、雀卵斑、炎症性色素沈着、肝斑、花弁上色素斑など、たくさんの種類があります。タイプによって原因や治療法が違うため、市販の薬などではすべてのシミを治すことは不可能と言えるでしょう。

まずは、病院などで自分はどのタイプか診断してもらうと、自分にぴったりの解決方法を知ることができます。一番ポピュラーな治療方法はレーザーですが、このレーザー治療はほとんどのものに効果があります。シミ治療の王道と言えるでしょう。レーザーはいったいどのようなことをするのかというと、肌に光を照射するだけです。

1度の施術できれいになり、痛みはほとんどありません。施術の後はテープを貼っておく必要があり、1~2か月は赤みが残ることがあります。しかし、その赤みが取れた後は全くと言っていいほど残りません。ただし、20パーセントほどの確率で再発することがあります。

しかし、これもまた治療することで治ります。レーザーの後にシミが濃くなったような気がすることがありますが、これは肌の奥にあったメラニン色素が表面に出てきているだけで、しばらくするとかさぶたのようにポロリと取れます。それが取れた後はきれいになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です