Skip to content

シミは毎日のスキンケアで徹底予防

シミは加齢によって必ずできてしまうものと諦める前に、毎日のスキンケアで効果的な予防を行いましょう。シミができる原因は紫外線にあります。肌は紫外線を浴びると、肌の細胞に紫外線のダメージが届くのを阻止しようとして、メラノサイトという部分からメラニン色素を生成して肌をガードします。このメラニン色素こそが肌を黒化させる原因、つまりシミのもととなっているのです。

シミを作らせないためには、メラニン色素をいかに作らせないかがポイントとなります。そこで活用したいのが、メラニン色素の生成を抑制する効果のある美白成分です。美白成分には、メラニンができないように抑えるものと、できてしまったメラニンを排出させるものとがあります。予防の観点からは前者の種類の美白成分が有効です。

具体的にどのような成分があるかといえば、ビタミンC誘導体やアルブチンなどがこれに当てはまります。ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制する効果に加え、高い抗酸化作用を持っているため肌荒れ予防にも役立つ成分です。またメラニン生成を抑えるだけでなく、メラニン排出の作用もあるため紫外線を浴びてしまった後のアフターケアにも有効な大変使い勝手のよい美白成分なのです。アルブチンは強力な美白効果が期待できる成分です。

βアルブチンとαアルブチンという二種類があり、一般的な化粧品にはβアルブチンの方が配合されています。αアルブチンはβアルブチンの10倍もの美白効果があるとされており、高価な化粧品に使われることが多いです。スペシャルケアにはαアルブチンを配合した化粧品を用いてみるとよいでしょう。新宿で二重のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です