Skip to content

シミを予防するためには

紫外線を浴び角化細胞に異常が起こると、肌を守る為に過剰にメラニンが生成されますが、この過剰に作りだされたメラニン色素が排出されないまま肌に残ってしまったものが「シミ」です。シミは一度出来てしまうと自力で消すことはできません。シミを作らせない為には普段から予防しておくことが大切です。まず、一番大切なのは紫外線対策です。

日差しの強い日はもちろんですが、曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。また、室内にも紫外線は入ってきますので油断しないようにしましょう。美白化粧品を使うのも有効です。ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、エラグ酸、リノール酸などの成分はメラニンを作る酵素チロシナーゼの活性化を阻害する作用があるのでシミやくすみの予防に効果が期待できます。

そして、外側だけでなく身体の内側からもケアをしてシミの出来にくい体質にしていくことも重要です。しみの原因となる活性酸素を除去し、メラニンの生成を抑制する作用を持つビタミンC(いちご・アセロラ・レモン・ブロッコリーなど)や肌の代謝を高めてターンオーバーを促すビタミンB2(うなぎ・レバー・卵・乳製品など)やLシステイン(大豆・はちみつなど)、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つとされるリコピン(トマト・ピーマンなど)、これらが美白に有効な栄養素として挙げられますので普段の食事にバランスよく取り入れてみましょう。サプリメントで補うのもおすすめです。内側と外側、両方からケアをして白く美しい肌を目指しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です