営業と言うと知らない会社に飛び込みで訪れるイメージがありますが、そういったもの以外にもルート営業というものがあり、同じ会社に度々訪れるものもあります。また、それと飛び込み営業を兼ねている担当もいるため、会社によって携帯は様々です。本人が色々と考えてスケジュールを考えなければいけない仕事ですが、それを助ける営業管理ツールも登場しています。ノートに予定を書いたり、いわゆるToDoと呼ばれるリストを作ったりしている営業マンは多いですが、それをさらに会社と共有し、リマインド機能を付けてクラウドで管理出来るのが営業管理ツールです。

次にどこへ行けばいいかなどの情報はまとめられますし、イレギュラーの予定なども変更すれば会社との共有も同時に出来ます。会社側としても営業管理ツールを確認する事で、いちいち本人に聞かなくても予定が確認でき、時間の節約が出来ます。本人にとっては監視されている感じが強くなってしまいますが、そもそもそういった環境下で同僚と競うタイプの仕事なので、仕方ない部分かもしれません。最近ではスマホやタブレットを持ち歩いてそこから閲覧出来るのが便利なため、社内ではパソコン、外では携帯端末でアクセスし、リアルタイムで情報を書き替えて行く事で仕事をどんどん効率化して行っています。

一から構築する事も不可能ではないシステムですが、既存のものを購入すると便利な機能がたくさん付いているので、買ってしまうのが早いでしょう。営業管理ツールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です