営業活動において顧客の間の関係を密にすることは大変重要なことです。様々な機会をとらえて営業を行うためには、製品の売り上げにも関わる顧客の状況などについてつぶさに知ることが大切になってきます。ただ限られた予算と人材で、数多くの顧客の詳細な情報を得ることを人手で行うことは大変な困難を伴います。このようなことから少し前より顧客管理に関する支援を行うシステムの導入が行われてきました。

crmツールと呼ばれるこのようなシステムは、項数が多く多岐にわたる顧客管理の支援を自動で行うための機能を持っています。crmツールを上手に利用することで、支援に関する部分の人手をコアの営業部分に良い回すことが可能となり、営業効率の向上を望むことができます。このようなcrmツールなのですが特筆すべきいくつかの機能を持っています。その中の一つの機能としてメール機能が挙げられます。

このメール機能は、顧客の様々な要件によりカテゴライズし、カテゴリー別に最適な連絡を行うというようなことが可能です。従来であれば、様々な個別ソフトを組み合わせてこのようなことを行っていたのですが、それでは多くの人手がかかってしまいます。crmツールのメール機能を利用すれば、このような事を一つのパッケージで行うことが可能です。このメール機能は、このパッケージソフトウェアのその他の部分との連携により動作することも可能ですので、顧客への連絡に関する事項について一元的に行うことが可能になり、伝達事項の総合的な管理という意味でも重要な機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です