営業支援ツールは企業の売上拡大を促進します。主なメリットの一つに、情報共有があります。これまで営業担当者だけが知っているお客様の情報を共有化することによって、担当者がいないて対応できなくなる不測の事態を避けることができます。また、これまで長年の付き合いを通じて培ってきた営業ノウハウを記録することにより、営業全員が学習したり新人教育に役立つなどの有効活用が考えられます。

お客様にとってもメリットがあります。担当者が不在のときの緊急対応が可能となり、営業担当が退職しても速やかに次に業務を引き継ぐことができるようになります。他に、営業活動を長期に記録しておくことで、製品のリプレイス時期に販売チャンスが訪れたことを自動で教えてくれて売上機会損失をふせぐことができます。キャンペーンなど営業企画を実施したいとき、全ての顧客にDMやテレコールをするのは効率がよくありません。

営業支援ツールに蓄積された顧客販売実績データを分析することで、該当する顧客データのみ抽出することが可能です。新製品に興味を持ちそうな条件を設定することでマッチする顧客のみ抽出し、営業活動を行うことで効率良く売上を伸ばすことができるでしょう。営業支援ツールはとても便利で有益です。しかし登録したデータの精度が正しくなければ十分な効果が得られません。

日々の営業活動記録を漏らさず正確にインプットしていくことで精度を高めることができます。導入に際しては、担当者に入力業務の重要性を指導する必要があります。営業支援ツールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です