社内の営業担当者の業務を効率化のための営業支援ツールを導入することで管理出来るようになる業務内容は、顧客の管理や案件管理や商談管理そして営業担当者の活動管理やスケジュール管理などですが、これらの各種情報を営業支援ツールで管理することによって各営業担当者の情報が部署内で共有出来るようになります。そうすることでそれぞれの営業担当者が新規の取引先に対して重複して営業してくる恐れもなくなり、各人が効率よく業務を遂行していくことができるようになります。また担当者が引き継ぎ業務を行なおうとせずに突然会社を退職するようなことがあったとしても各種情報を社内で管理できていれば、データを確認するだけで過去のアプローチなどに加えて取引先の住所や電話番号や担当者名や提案済の商品なども判明しますし、その時の商談管理データによりどのようなやり取りがあったのかも一目瞭然ですから残された人達もそう慌てることもなく営業業務を進めていくことができます。営業支援ツールを導入する会社側の利点としては他にもありまして、各営業担当者の活動情報を可視化できることにより取引先への訪問数も判明しますから、誰がどれだけ頑張って働いているのかがよくわかるようになり期待値に対する査定もやりやすくなるといった利点もあります。

この他にも売上予測管理などを活用していけば、営業担当者ごとの売上高や部署ごとの売上高なども予測できるようになり次期の目標も立てやすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です