営業管理ツールは、簡単な顧客台帳からSFAなどの見られる統合型まで多種多様なシステムがあります。企業にとってどれが最もメリットがあるのかは、実際に使ってみないと分からないことが多いです。いざ導入となると、初期投資が必要であるし、営業に使ってもらうための事前教育も必須なので、気軽に導入してみようと言う訳にはいきません。導入前にベンダーから説明を聞いたりデモを実施してもらったりすることで、ある程度イメージがつきます。

しかし多額の費用を投じて見込まれるメリットがでないと、会社にとって損失につながります。とても慎重に検討しなければなりません。営業管理ツールを安心して導入するには、事前に一部門だけで仮運用してみるのが良いです。中でも、クラウド型のシステムを選択すれば、サーバーなどハードウェアへの投資が不要なので、初期投資を大幅に軽減できます。

ただ、営業管理ツールのメリットは、導入してすぐ実感できるものではありません。最低でも四半期は継続利用してみないと見えないことが多くあります。前年対比で売上がどれだけ向上したか、顧客へのアプローチ件数や精度はどの程度改善できたかなど、ある程度の期間を運用して初めて得られる数値なので、短期ではメリットを見出すことが難しくなります。企業にとって有益な営業管理ツールの導入は、事前にベンダーから詳細情報を得た上で、一部門で試験的に導入し、最低でも四半期は継続運用していく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です