企業にとって顧客は大変大切な存在です。そのために、企業では顧客がどのような状況にあるかということや、潜在的な顧客をどのようにして獲得するかということが大きな課題となっています。そのような顧客に関する業務を行うものとして、従来は顧客管理リストというものが使用されていました。ただこのリストは、他に顧客の氏名や所属よ連絡先が綴られたのみでそれ以上の情報は含まれていませんでした。

そのため営業活動を行う際には、営業担当者がその顧客リストに載っている顧客に連絡をして顧客の意向などを知るというようなことが必要でした。ただ限られた人材で数多くの顧客についてこのようなことを行うには限界があります。そのようなことから、ここで述べたような活動を自動化するためのシステムとしてcrmツールが利用されるようになってきました。crmツールには、先ほど述べた顧客管理リストと共に、顧客のこれまでの購入履歴や自社ホームページでの閲覧履歴などの記録、カテゴライズされた顧客への個別送信が可能なメール送信機能、様々なことについて顧客の意向を尋ねるアンケート作成送信機能などが備えられています。

crmツールを有効に活用することによって、従来営業担当者が行なっていたような業務の一部を自動化するとともに、社内全体での情報共有ということも可能になってきます。このようなことを行うことによって、よく言われている営業の属人化というようなことを防ぐことが可能になり、社内の営業活動の有機的なつながりということが構築できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です