企業活動においてクラフトの良好な関係を築くことは大変重要です。そのためには、顧客に関して過去どのような購入履歴やホームページの閲覧履歴があるや、様々な製品に関してどう考えているかなどということの情報収集をこのことが大切になってきます。このようなことは、従来の顧客管理システムではほとんどできないことでした。企業では更なる営業活動の効率化のために、営業活動の自動化を行う際にこのような部分に関しても対応できるようなシステム構築を行いたいと考えていました。

最近ではこのような要求を満たすものとしてcrmツールが利用されるようになってきています。crmツールは、従来の顧客管理の機能に加え、カテゴライズされた顧客への連絡機能や意向調査のためのアンケート作成機能も備えており、顧客とのより有機的なつながりができるようになります。中でもcrmツールのフォーム作成機能は、最後に述べた顧客の意向についての情報を収集するために利用されます。このスレの便利な点は、この機能は先ほど述べた機能がひとつのパッケージソフトで行えることです。

そのためにさまざまな情報の共有化を行うことが容易であり、簡単な操作で的確な情報を得ることが可能になります。このフォーム作成機能で利用される快適なものとしては、問い合わせフォーム、資料請求フォーム、セミナーへの参加申し込みフォームなどが挙げられます。それぞれフォームへの回答は、顧客がそのような事項に興味を持っているということですので、今後の営業活動に利用できるものとなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です