sfaは営業支援システムと呼ばれることが多いのですが、実際には単なる情報連携ツールであり、これを営業が効果的に利用することができるようにその仕組みを整えたものとなっています。このことを十分に意識していないと、過剰な期待をしてその効果にがっかりしてしまうようなこともあるので注意をしなければなりません。sfaは情報の連携機能を利用して営業部門が登録した商談情報に対し、様々な動きを関連部門が迅速に行うことができるようにしているものです。顧客から様々な技術的な質問が出た場合にこれに対して技術部門が迅速に回答したり、納期確認の場合には製造部門が回答するなど、sfaを通して行うことでそのやりとりを迅速に行うことができるほか、これらの情報を社内の関連部門が全て共有することで、伝達会議や個別の情報伝達等を別途行わなくても、社内の足並みをそろえることができるのが最大のメリットです。

しかしsfaが営業支援システムであると認識してしまい、これを導入することで様々な活動がスムーズに行えるようになると誤解している経営者も少なくありません。そのために多額の導入コストをかけ、これをすぐに回収できると思い込んでいることも多いのですが、これでは十分にその機能を生かすことができないものとなります。sfaは単なる情報連携ツールであることを十分に認識し、このツールを効果的に生かすような業務プロセスを立案することが、営業業務の効率化を図る上で重要なポイントとなっています、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です