まず確認すべき項目は、その操作性です。sfaのようなITツール導入の際に定着するかどうかは、この操作性にかかっていると言っても過言ではなく、使われずに終わる可能性もあります。特にsfaは1日に何度も使用するツールのため、少しのでも操作性が悪いと大きなストレスになり、既に忙しく業務に追われている社員にとって迷惑な存在になります。実際に使用する社員が簡単で使いやすいと感じる操作性で、さらには業務効率が改善していると感じられる製品を選び、導入する意義を確かなものにしましょう。

次に重要な項目は、カスタマイズの簡易性です。先程の操作性にも関わりますが、不要な業務フローや入力は減らし、日々変化する営業の現場で生まれる新たな施策に対応するフローを追加できてこそ、営業支援にふさわしいツールになります。必要に応じて簡単にカスタマイズできる製品を選び、営業支援のための詳細なデータとその分析結果を存分に活用しましょう。次は、社員のITリテラシーにふさわしい製品である事です。

リテラシーとはいわゆる活用能力で、この能力があまり高くないにも関わらず高機能なシステムを導入する事は、宝の持ち腐れになりかねません。特に高機能なものは多くの機能が搭載されているため、使用方法が煩雑で使いにくいものが多く、また必要な情報を見つけにくかったり見にくかったりという難点があります。システムを定着させるためにも、解決したい課題や実現すべき目標を明確にして、本当に必要な機能のみを導入しましょう。お勧めなのは、直感的に操作できるシンプルな機能の製品です。

sfaを導入する際は、この3点をぜひ確認してください。製品によっては無料のトライアルやデモがあるので、導入前に実際に触って使い勝手を比較する事をお勧めします。導入後は、それを使用する全社員に導入の意義をしっかりと共有できれば、定着とその後の運用は成功する事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です